ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.12.25 Thursday

ANGULON 210mm

JUGEMテーマ:写真
ANGULON 210mm
11X14用の広角レンズにはANGULON 210mmを使っている。
一つは空気シャッターが不具合だったのでCOPAL NO3に変えて貰った。

ふつうこう言うのは国内で加工出来ない物と諦めていたが、8X10仲間の工房悦さんが
ここ数年やってくれるようになった。

部品さえ集める事が出来れば何とかなる物だ。
 
2014.03.22 Saturday

ANGULON 210mm

JUGEMテーマ:日記・一般
ANGULON 210mm
ハンディ11X14にはレンズシャッター式のANGULON 210mm2本と、バレルレンズにソルントンシャッターの
ANGULON 210mmがある。

同じようなレンズシャッターなのだが機構が違い、シャッターチャージ時に絞りが一時的に開く物と
そうでない物がある。

部材も心無し廉価番と言う感じがするから不思議である。
(Y-2フィルターが付いている方がそう)

同じ焦点距離なのだが写りが違うのも面白い。
 
2013.12.15 Sunday

久々の登板 ANGULON 210mm

JUGEMテーマ:日記・一般


ANGULON 210mm

午後から渋谷で撮影する事になる。
ハンディの11X14と言う日本では使っている奴はほとんどいない。

現存するのはかつて、長岡製作所で組み合わせた2台だけだ。
箱はペーパーファイバーと言うかつて書店が配達に使っていた箱を使い特注。

それにレンズとフィルムホルダーを組み合わせた素朴なカメラ。
取り回しが楽で何処にでも持っていける。

レンズとフィルムに依存すると思っている。
勿論、ノーファインダー。

見てもその通りに写る訳では無いので、瞬間的に念写するような物だ。
その撮影姿を見た物は崩れるように転げまわるとも。

ネガが大きいのでそのまま等倍でプリントする。
今回はサイアノで最初からプリントするつもりだ。

2013.11.08 Friday

アングロン210mm

JUGEMテーマ:日記・一般


アングロン210mm用座金の製作依頼

シャッター調整が終わったアングロン210mm。
座金が無かったので製作を依頼した。

今回は砲金製との事。
バランス良く収まるようだ。

このシャッターは空気ポンプで動かしている。
100年も前に良くこんな技術を思い付く物だ。

今より発想が豊かだったのかも知れない。
その時代に生きていたら面白かったかどうかは判らないが。

多分今より自由に生きる事が可能な時代。
このレンズを肴に一杯飲んでみたい。

2013.10.08 Tuesday

キレイなカタチ

JUGEMテーマ:日記・一般


重量級4X5レンズ

引き伸ばし器のレンズ見たいな不思議なレンズANGULON90mmf6.8。
かなりな材料を使っているらしくどっしりとしている。

テストでソルントンシャッターにパーマーセルで止めようとしたら、持たない事に気が付いた。
急遽シャッターを探さなきゃ。

1番と0番の間の大きさなので厄介。
1番でスペーサーが一番簡単かも。

試行錯誤は続きます。
2013.10.05 Saturday

ANGULON90mm

JUGEMテーマ:日記・一般

もう1本バレルレンズが出現。
シャッターをソロントンかレンズシャッターにすべきか迷う。

それが決まらないと暗箱が決まらない。
しばらく悩んでみよう。

写真展が終わったら江の島へ撮影に行きたい。
天気は荒れ模様の方が劇的な写真になるだろう。

もちろん4X5だ。

ANGULON90mm
2012.10.13 Saturday

ANGULON

JUGEMテーマ:日記・一般
ANGULON 1:6.8/210

11X14用に用意したANGULON 1:6.8/210レンズ。
いつも間にか数本手元に。

8X10だと何処までも煽れてしまうので困ったもんだ。
8X10のフィルムと比べると2倍位のイメージサークルだから当然と言えば当然。

2012.05.24 Thursday

ANGULON 210mm

JUGEMテーマ:日記・一般
ANGULON 210mm

ebayを見ていたらANGULON 210mmが出ていた。
注釈にレンズに問題あり、シャッター不調に付き部品取り用とある。

このレンズは全く同じものを1本、バレルが1本ある。
11X14で使える広角レンズだ。

日本にはレンズの傷やコートに問題がある時に修理が出来る工房がある。
シャッターの調整はもう一つ別の工房が。

両方行けば直るじゃあないかと入札。
注釈が効いているのか誰も入札が無い。

間も無く届いた現物を見たらシングルコーティングが酸化したようだ。
シャッターは粘りと見た。

これなら直す余地が十分にある。
問題はレンズをボードに押さえるリングが無いこと。

これなら対応が出来る。
たまには良い買い物が出来ないとね。
2012.01.25 Wednesday

どんなに古くとも

JUGEMテーマ:日記・一般
どんなに古くとも

どんなに古いレンズであっても使えるし使う。
具合が悪ければ治す事で使える。

レンズに不具合があれば研磨の工房に。
メカニズムに不具合があれば修理工房に。

それぞれの名工の手際の良い仕事で生き返る。
そんな日本が私は好きだ。
2011.01.05 Wednesday

2つのANGULON 210mm f6.8

JUGEMテーマ:写真
ANGULON 210mm ソルントンシャッター仕様

11×14カメラのレンズに希しくも2つのANGULON 210mm f6.8を使えるようになった。
それも製造番号が8番違いでなおかつ一つがシャッター機構を持たないバレルレンズ。

ANGULON 210mm レンズシャッター仕様

もうひとつがレンズシャッター付きのモデルだ。
ソルントン式はB、1/15、1/30、1/45、1/60、1/90と6段階のシャッターしか無い。

レンズシャッターの方は1/1〜1/250まで細かい刻みで動作する。
それぞれ使い勝手が違い撮影シーンにより使い分けている。

Powered by
30days Album