ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2013.09.24 Tuesday

ムンバイから来たレンズ

JUGEMテーマ:日記・一般


修復された絞りと後玉

外れた絞りも直り美しく磨き上げられた後玉。
こんな事が出来る技術が凄いと思う。

直ったら使うのが前提。
同じカメラに同じアンギュロン210mm。

片方はレンズシャッター、もう片方はバレルにソルントンシャッターの組み合わせ。
ソルントンだと1/15から1/90までのゆっくりしたシャッター。

SLOWな写真になるようだ。
2013.09.23 Monday

ムンバイから来たレンズ

JUGEMテーマ:日記・一般


仕上がった後玉

バルサムの均整な剥離と仕上げを施された後玉を見た時に安堵した。
涙が出たと言っても過言では無い。

バレルレンズのアンギュロン210mmはこうして蘇った。
2013.09.22 Sunday

ムンバイから来たレンズ

JUGEMテーマ:日記・一般


中玉の情けない姿にがく然

本来はバルサムで結合されていなくちゃいけない中玉がドロップのような有様。
これには愕然と言うか「茫然自失」。

こんな経験は普通に生きていては有り得んぞ。
これが直ったら面白いだろう位までは思いつく。

果たしてこのレンズに削り代が残っているのだろうか?
レンズの事に関しては山崎さんにお願いする。

何とかなると嬉しいのだが。
2ヶ月くらいしてから連絡をいただいた。

2013.09.21 Saturday

ムンバイから来たレンズ

JUGEMテーマ:日記・一般


単なるバルサム剥離?

前玉の裏を見た時にバルサムの剥離が見えた。
バルサムとはレンズどうしを結合する時に使う接着剤のような物で古くは松脂のような物質。

ここで頭を抱えただけで終わらない所が面白い所。
何とかなるんじゃ無いかなと頭の片隅に思い込みが。

触って見た所では剥離した部分を何とかすれば可能性が見出せない訳では無い。
2013.09.20 Friday

ムンバイから来たレンズ

JUGEMテーマ:日記・一般


これを見て直す気力が

この情けない姿を現実に目の前に突きつけられて冷静な眼でいられない。
本来前部レンズとバルサムでくっ付いているはずの中玉が絞り板の上で遊んでいる。

しかも絞り羽根が外れている状態だ。
絞り羽根が壊れると私の経験で修復はほぼ不可能になる。

注意深く状況を確認する事にした。
レンズ内部に欠けやヒビがあると修復出来る可能性は低くなる。

レンズ接合のバルサム部分の問題なら何とかなるかも知れない。

2013.09.19 Thursday

ムンバイから来たレンズ

JUGEMテーマ:日記・一般


2009年7月にムンバイから来たレンズ

厳密に言うとebayで買うと個人輸入にはならないのかも知れない。
でもリスクは保険に入っていない限り自分持ちなのは同じ。

こんな状態で届いて気分は良く無かった。
当然梱包不備の結果なので売主にクレームを言った。

使いものにならない大判レンズが手元に残った。
はてさてどうした物か。

写真仲間幾人かに聞いたら何とかなるんじゃ無いとの言葉。
しかし本当に直るのだろうか。

2012.06.11 Monday

個人輸入でドッキリ

JUGEMテーマ:日記・一般
税タグ

機材を個人輸入する事が多い。
FreeShippingもしくは運賃が安い場合には、海外からも国内も郵便で運ばれる事が多い。

EMS(国際小包郵便)で送られる時は殆どTracking numberが反映されず、国内届いた段階で
しか所在が判明しない事が多い。

これはシステム的な問題なのか通例なのか慣行なのかは判らない。
職務的に問題かも知れない。

安かろう悪かろうでは困ってしまう。
例えば新東京郵便局に入っても税関で異常に時間を取られる事がしばしばある。

郵便局が民営化されてもシステムや人員的に問題があるなら直さないと。
同時進行で同じような荷物を送ってもらう場合に速度で2倍位は平気で違うとしたら、効率的で無い分人件費が余計掛からないか心配してします。

早ければ早いほど人件費が掛からない訳なのでその分の運賃が安くならないか?
非効率で遅い分料金が加算されるかも?

そんな事を考えながら荷物の到着を待っています。
2012.05.30 Wednesday

暗室用品は個人輸入

JUGEMテーマ:日記・一般
フィルム色々個人輸入

フィルムも印画紙も機材も日本で買えないものはほとんど個人輸入に切り替えた。
2008年からだからかれこれ6年になる。

個人から買うebayではリスクを伴うフィルムや印画紙は買わない。
それ以外の機材は中古であれば個人が多い。

新品だとebayにShopを出している会社があり、そこから買うことが出来る。
リスクは自己責任なので相当真剣になる。

騙されて変な物が届く場合もあるので前後の状況を改めて調べたり、仲間に聞くことも多い。
でも魅力的な物が多いのも事実。

2012.02.07 Tuesday

世界の国から

JUGEMテーマ:日記・一般
イギリスから届いた

ebay等で海外からの買い物は毎回梱包を楽しんでいる。
どのような緩衝材を使っているのか開梱が楽しみだ。

この赤いテープは初めて見た。
箱の中に入っていた白い花林糖のような物体はトウモロコシから作った緩衝材。

何でも土に入れておくと溶けるらしい。
自然に少しでも優しい物を使う傾向にあるようだ。

2011.11.02 Wednesday

セカイモン

JUGEMテーマ:日記・一般
 
個人輸入のリスク回避にセカイモンを時々使っている。
手数料は落札価格の15%って高いと思う。

アメリカからの運賃も割安感は無い。
着払いだから手数料が高いのか?

折角届いた荷物も空港で数日留め置かれる事もある。
どうも片手間でやっているような気がするのは私だけでは無いだろう。

B&Hやフリースタイルだと中3日間もあれば届く時代なのだ。
アメリカ国内で検品をしてから梱包を確認して送るような事だが、はっきり言って梱包の方法が
素人だと思う。

もう少しシステム的にやれば輸送中の破損を防げるのに。
効率を全然考えていないフシがある。

手数料をとるならもう少しキッチリした仕事を希望する。
金額に応じて手数料の%を下げるとか努力をしなければ国際社会で生き残れない。


Powered by
30days Album