ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.01.16 Saturday

ありそうで無い物

JUGEMテーマ:写真
ベビークリップ
シートフィルム用のクリップ。
これが最近何処にも無い。

普通のフィルムクリップではシートフィルムの余白を掴めない。
このクリップだと1.5mm位の間隔で掴む事が出来る。

昔は12個で2,000円位だった物が今や4,350円もする。
ビックリポンな価格差に。

でもこれが無いと困るので今日も追加で買う事に。
1枚のフィルムに2個は使うのでこれで6枚分。

 
2015.09.19 Saturday

露光計

JUGEMテーマ:写真
露光計
4X5を再開した時からゴッセンのデジシックスという小型の露出計を使っている。
精度も安定感も良いのだが欠点がある。

常に通電しているために電源が常時入っている。
その為のスイッチは無い。

そのため常に予備電池を携行している。
電池も100均のでは持ちが良く無い。

 
2012.09.11 Tuesday

三ノ輪同潤会アパートメントを撮す

JUGEMテーマ:日記・一般
三ノ輪同潤会アパートメントを撮す

ぶらぶら歩きをしていたら時々異様な建物にぶつかる。
しばらく前からカメラを片手に歩くことが日課に。

何も持たないと余り出歩けないがカメラを持って行くと何処までも歩けるような気がしていた。
地図に頼らずブラブラ歩くのが好きだ。

面白い場所や建物に出会うと場所を記憶して行ける(気がする)。
頭の中が満杯になったのか最近では、余り面白い物や建物に出会わない。

心の琴線に触れないのか興味が無いのかは判らない。
何か変化があるのかも知れない。

それでも明日も明後日も何処かに出歩くのだろう。
2009-07 三ノ輪同潤会アパートメントを8X10で撮す。


2010.07.28 Wednesday

このままでは日本に技術は滅びる

JUGEMテーマ:写真
シャッターの部品

ソルントンシャッターと言う前時代的なシャッターを復刻する計画を去年ぶち上げた。
長岡製作所さんに依頼し細かな部品を一つづつ作る事からスタートして全体の60%位の部品が揃った。

日本の町工場の大昔の技術の結集であるが、既に日本の町工場の技術は相当廃れているのが現状。
数物しか引き受けない傾向があり10点規模の注文では受けない体質だ。
町工場の持ち味でもある少量生産と言う傾向が無くなっているので愕然。

割高でも引き受ける職人がいなくなってしまった。
東京もダメ京浜工業地帯も東大阪もダメ、最後は堺の町工場か?

無くなった町工場は中国に技術移転している所も多いそうだ。
町工場が無くなると様々な部分に不具合が出て来る。

それもじわじわっと効いて来るから怖いのだ。
このシャッターは10点の復刻製造でそれ以上作らない(作れない)。
 
1960年代に日本での製造が終焉したのをもう一度作る事を考えた。
今回が最後だと思う。

予約数は既に埋まっている、




Powered by
30days Album