ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2010.06.05 Saturday

夏のポケットに

JUGEMテーマ:写真
泡の消える音が

祖父から父を通り越し直接40年前に譲り受けたローライフレックス。
今は形見になってしまった。

時折撮影に持ち出すが作品を作ったのは高校の写真映画部以来だから、実に37年ぶりになる。
大事にし過ぎて祖父が使えなかったのを実用品と言う感じでガンガン使ったら喜んでいた祖父。

今回このカメラで写した作品を2点出品します。
思わずビールが飲みたくなると思います。


「写真家は光によって造形する者である。」とはモホリー・ナジの言葉である。
また、裏を返せば「影によって造形する者である。」とも言えよう。

「光と影」使い古された言葉ではあるが、例えば眩いばかりの光の中に夢や希望を感じ、
漆黒の闇の中に深遠なる思慮と憂鬱を感じる。

「光と影」がもたらすイメージは我々の心の内にある感情や思考を代弁するかのようである。
それらを表現すべく黒白フィルムを使ってシャッターを切る。

現像を終えたネガには、光と影が記録され、印画紙上にネガのイメージはさらに反転され写真は完成する。

シルバー・ソルト・クラブ第4期写真展 6月15日〜6月21日
 
銀座月光荘金春通り前室
中央区銀座8-7-5 金春通り 金春ビル4F
TEL 03-3571-1116(直通) 03-3572-5605
 AM11:00〜PM20:30 最終日午後4時閉廊

今回は珍しく人物を写し込んだスナップです。
昨年の夏[2009年7月]に観音崎&浦賀にて写しました。

祖父の形見のローライフレックスにて。


Powered by
30days Album