ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.04.25 Tuesday

2017 アンデパンダン展

JUGEMテーマ:写真

先回のINSTANT LOVE展に出したものの他に選択した作品を、今年のアンデパンダン展に

出品すべく準備中。

 

全部、ヨット関連のポラ(フォトラマの4X5インチ)で写したものを額装の相談に

近々、金丸さんに行かなきゃならない。

 

5月2日搬入なのでそろそろ行かないと間に合わない。

3日から開催なのだが初日は所用で行けず。

 

出来るだけ大きなフレームに沢山出す予定。

上の作品のように偶然の産物で出来たレアなのもある。

 

4X5のポラは最後の出荷を一気に押えたがもう残り少ないのを一気に撮った。

手札サイズは未だ温存している。

 

 

2011.11.20 Sunday

明治大学付属中野高等学校写真映画部OB会

JUGEMテーマ:日記・一般
明大中野写真映画部OB会

27年位アメリカに居住していた兼本先輩がアメリカでこのブログを見ていて、
絶対こいつは後輩に違いないと数年前に横浜で開催されていたCP+の会場に。

その時は8×10で写したプラチナプリントを展示していた。
会場は何故かお苗場で。

声を掛けられて振り向いたら何処かで聞いた声の主が。
拙ブログをアメリカでずっと見ていたそうだ。

その時に写真映画部のみんなはどうしているんだ?との事。
クラス会は20年位前に開いたっきりで、写真映画部のOB会は会その物が存在しない。

応援団のK先輩は仕事柄時折お会いするが、やはり同級生やクラブのOB会は縁が無い
と言う事だ。K先輩のお兄さん(K先輩は兄弟で明大中野)に聞いても、みんなに会いたいね
との事。

誰かが音頭取りをしないと会その物が無いのだからと言う事で、クラブに残っていた名簿を
兼本さんと分業で打ち込みハガキを作り切手を買って(予算持ち出しだ〜)出しました。

所在不明で帰って来るのが半分。
連絡があった人が15人。

残りは音沙汰無し。
返ってこないと言う事は家族の誰かが住んでいる証拠。

と言う事で7月にプレで集まる事に。
そして9月の桜山祭りに正式なOB会として立ち上げる事に。

写真は2011年9月24日本館4階会議室に集まった写真映画部OBの面々。
初代OB(写真映画部を作った本人)の戸田さんもお見えに。

部屋に入るなり名前が出て来る仲間が居たから驚きだ。
言いだしっぺの一人兼本さんはこの時残念ながら仕事でシカゴに。

OB会では年内に忘年会、新年には新年会を開催する。
他の写真映画部のみんな是非連絡下さい。

2011.07.23 Saturday

写真映画部OB会

JUGEMテーマ:日記・一般
 
昨年から計画していた我が写真映画部のOB会を今年開催する。
http://meinaka.jp/school/club/syashin.html
そのために初代から歴代ののOBに案内を出した。

名簿の確認もあり大がかりの案内は今回が初めてだ。
何せ卒業してから写真映画部のOB会の開催は初めて。

今年は震災もありこの機会を逃すと後々会えなくなる可能性もある。
秋に開催するOB会のプレOB会を24日の日曜日に開く。

今回連絡の付いた幾人かの方の中から都合の良い人が集まる。
はてさてどんな方達が集まるのか楽しみです。

37年振りに会う人も中にはいる。
今まで会った事もない初代のOBも来られるそうだ。
2011.03.01 Tuesday

明大中野高校

JUGEMテーマ:地域/ローカル

明大中野高校の先輩
左から水野先輩、兼本先輩、権平先輩 2011-2-16ギャラリーemにて

明大中野高校の写真映画部の事をこのブログに書いたら8×10仲間の権平さんから電話が
高校1年の時のクラスメイトに水野って言う写真映画部のヤツが居たよとの事。

その数カ月前に水野さんをネットで探し出した。
兼本さんに連絡したら個展の案内を兼ねて手紙を出したとの事。

水野さんはやはりご本人でメールが来たそうだ。
ギャラリーemで行われる兼本さんの個展に来て下さる事になる。

権平さんが同じ学校とは知らなかったので電話があった時にその場にいた兼本さんもビックリ。
と言う事は同じ時期にこの3人の(8×10仲間)が同じ建物の中に居た事に。

権平さんは山岳部だったので私は現役の段階では面識がありませんでした。
卒業してから37年振りに水野さんと対面する事になり権平さんも来訪。

写真人口2000人に1人が8×10をやる人らしいので物凄い確率でこの3人がいる事に。
水野先輩の所在が判ったので今年は写真映画部のOB会を9月の8×10の写真展の辺りで
計画しています。

明大中野写真映画部の卒業生の方がいらっしゃいましたら連絡下さい。
2011.01.24 Monday

写真映画部 明大中野

JUGEMテーマ:写真
Old Camera

今まで写真映画部の表記だけで書いて来たが、学校名を出したら意外な結果が。
ならば前面に出すのも方法かも。

写真を生業にされているプロの方も結構いるようだが連絡が取れていないのも事実。
現在の顧問の先生に聞いたら名簿で学園祭等の案内を時々出しているようだ。

大々的にキャンペーンをやっていないのでハガキが戻って来たら登録から消えてしまう。
ならば、誰かが音頭取りをしないと未来永劫OBは集まれないのだ。

元々クラス会や同級会や同窓会意識が希薄なのもあるが、そろそろ集まるきっかけを作ろうと思う。
その発端が写真映画部で良いじゃ無いですか。

写真映画部が触媒になれれば結果はオーライだと思います。
そろそろ定年されている方もいらっしゃるので、何らかのイベントがあれば集まる事が出来る。

兼本さんが2月に個展をやるのでその会場で集まっても良いのでは。

Timeless Moments

兼本 玲二 写真展

途切れる事なく打ち寄せる波、静かなる悠久の時。

会場:ギャラリー イー・エム 西麻布
期間:2011年2月2日〜2月20日
   (月・火曜日休館 )
住所:〒106-0031東京都港区西麻布4-17-10
電話:03-3407-5075
URL:http://www.takeuchi-studio.jp/gallery_em/

写真映画部のOB以外でも明大中野のOBの方が来ても良いのでは無いでしょうか。
これを機会に皆さんが集まれれば面白いと思います。

今日は写真映画部以外のOBの方に相談に行って来ます。


2011.01.23 Sunday

明大中野 写真映画部

JUGEMテーマ:写真
Fuji 26mm

我が明大中野 写真映画部のモットーは「礼儀と規律、技術の向上」を旗印にしている。
写真映画部と名の付く写真系の部は他に鹿児島実業高校、大学では防衛大学校写真映画研究部
がある位でどういう経緯で写真映画部となったのかは定かで無い。

確かに映画の研究や製作を行っていて30分〜40分位のドラマ仕立てのヤツを作っていた。
当時は同時録音が出来ないのでオープンリールのテープレコーダーにパルスを打ち込む
不完全なシンクロで後から音声を吹き込む方法でやっていた。

部室も今の4号館の所にあった旧校舎の1Fの1教室分のスペース。
部室の他に第一暗室は引き伸ばし機6台の陣容。

機材はFuji B型が2台、ラッキー90Mが1台、同60Mが2台、無名のが1台の計6台。
隣の第二暗室は後処理とフィルム現像のための部屋、フィルム乾燥器と印画紙乾燥器があった。

印画紙乾燥器は全紙がフェロ掛け出来る巨大なドラムロール式、印画紙水洗機は半切まで入る
水圧で回る大きな物だった。

部員も中学と高校で50人から60人位いた時期もあり、常に部室は満員の状態。
印画紙現像液のD-72やフィルム現像液のD-76は当時は完成処方品が高かったので
両皿天秤で計量のあとバケツで溶解して5リットルの遮光瓶に入れていた。

とにかく毎日大量な薬品を作っていた記憶がある。
週1回のランニングを哲学堂まで欠かさずに行っていた。

昨日の話では当時ワンゲルもランニングしていて権平さんもその中にいたそうだ。
その場にいた先輩や後輩たちが37年位して8×10の仲間の中にいる事自体が
奇跡だと思う。

もっと周りに写真映画部の仲間や同窓生が居るかも知れない。
権平さんのクラスメートに1年上で写真映画部の部長だった水野さんがいた。

昨日電話で伺ってその場にいた兼本さんと驚愕の事実を知り愕然とした。
8×10の仲間に居た事もビックリである。

2011.01.21 Friday

明大中野 写真映画部

JUGEMテーマ:写真
天窓

高校の写真映画部の兼本先輩と再会したのが昨年3月のCP+会場のお苗場にて。
アメリカに居た時からこのブログを見ていたそうだ。

高校の写真映画部って明大中野以外には無い筈だから、絶対コイツは明大中野だよな?
と言う根拠。

それを頼りに遥々アメリカ〜神戸経由千葉からヨコハマの会場まで来られた。
そこから話は広がって10カ月が経過。

母校の写真映画部も訪問を果たし顧問の柳田先生とも再会を9月の写真展会場で実現。
OB会をやろうと言う事になる。

一つ上の水野先輩と兼本先輩が最近連絡を取れるようになりココから話が広がりそうだ。
去年のCP+で兼本先輩とは写真つながりで37年ぶりに再開出来たワケだから
今年は写真映画部の輪を広げて行きたい。

2月に兼本先輩が個展を開催します。
http://www.takeuchi-studio.jp/gallery_em/schedule.html

会期中に明大中野中学&高校 写真映画部の集まりが出来ればと思います。

写真映画部の方はご連絡下さい。
2011.01.17 Monday

写真映画部

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:ファッション
横浜赤レンガ倉庫1号館

写真の基礎は高校の時に入部した写真映画部で学んだ。
中学高校と付属の併設校だったので人数も多く50人位いた。

高一の時の二年先輩に昨年37年ぶりにCP+のお苗場であった兼本先輩がいた。
写真は体力だと言う持論で入部早々体力作りのランニングから。

東中野から哲学堂まで毎週のようにランニング。
ある時はやっぱり機材も運ばなきゃと言う事でランニングに大型三脚を担いだりしていた。

ランニングの後は部室の裏にあった公園で体操。
親には写真部なのに何でランニングなの?

と言われていたが元々虚弱で身体の小さかったのがお陰で体力の向上と体格も少しましに。
入部時には150cm位だった身長も170cm位に。

先輩はこの年になってもいつまで経っても先輩、写真の技術もアメリカのアートセンターで学ばれたので
筋金入りなのだ。

何やらこのブログもアメリカに居た時から気になり見られていて、「写真映画部」と言う言葉に反応し
欠かさず見られていたようだ。写真映画部と言う名前を使っているのは絶対に母校だろう。

と言う事でお苗場会場に来られた。
どっかで見た事のある顔が会場に現れ、何処かで聞いた声が聞こえて来た。

名前を名乗られたので一気にシンクロした。
それから色々とお話をしてアメリカに居た事と最近千葉に越して来た事を聞いた。

再会を約束し後日お会いする事の。
それから毎月2回位色々なお話を聞かせていただいている。

ディアドルフをお持ちだそうなので折角なら8×10組合にもお入りいただき、去年開催した
8×10カメラな仲間たち写真展にも参加してもらう事に。

先輩は私と再会した事で私の周りで色々な仲間と出会い一気に日本の8×10を含む仲間と交流が
始まったかも知れない。しかし散在させてしまったのも事実なのだ。

写真映画部の仲間たちはどうしているのだろうか、所在が分かっているのは数名だけだ。
皆さん連絡下さい。

年内にOB会やりましょう。
そのための連絡会をやりたいと思います。

2010.08.22 Sunday

写真映画部訪問

JUGEMテーマ:写真

2010年8月21日午後3時 母校の写真映画部(Photography, Film Department)を訪ねる。
事務室にて聞いたら顧問の先生は今日は帰ったが、部活動申請が出ているので部室に行って見て
下さいとのこと。

懐かしの2号館地下の部室をノック。
見知らぬ顔ばかり(当たり前か)。

前回の訪問は私の記憶では2005年の8月だから5年ぶりと言う事に。
今はフィルム現像をラボに出して失敗を防ぐとの事。

それは前回も同じ事を顧問の先生から伺った。
でも基本の勉強は大事だと思います。

自分でフィルム位現像しなきゃね。
RCでテストプリントしてからバライタで焼いているそうだ。

印画紙は部費で賄っているそうだ。
レンブラントを使っていた。

今や高級な印画紙だ。
僕らの頃は部支給もあったが自分達で好きな印画紙(月光Vやオリエンタルのシーガル等)を

買っていたなあ。
部支給のは期限切迫のヤツ(当然安い)を探して来て使っていた。

今の部室は我々の時代に4号館の所にあった部室が移転して来た。
手狭な部室になったが暗室施設は充実していた。暗室の設計は私とK君でやった。

当時は珍しかった暗室換気扇もこちらが手配した。
冷房の無い環境は昔と同じだ。

今年は特に暑いので大変だと思う。
ペットボトルの水を凍らせて液温コントロールしているとの事。

僕らの頃は氷屋さんから一貫目とか二貫目で買っていた。
今は氷屋さんも無くなっていた。

フィルム現像をしないので第二暗室は空いている。
折角ならフィルム現像をするように進言。

夏休み中は日曜日以外毎日来ているそうなので来週また行きます。
OB会等考えても良いのかな。
 
2010.05.12 Wednesday

礼儀と規律 技術の向上

JUGEMテーマ:写真
JOBO開栓ポンプを作る

我が写真映画部の部室には「礼儀と規律 技術の向上」と言う言葉が掲げてあった。
その事を拙ブログで見たK先輩と実に37年ぶりにCP+の会場でお会いした。

長くアメリカでカメラマンをされていて最近日本に帰国されたとの事。
これをきっかけに時折お会いして話をさせていただいている。

大判カメラでピンホールを撮影されていたりしていて作品がカメラマガジンのNO10 12Pに
掲載されている。

飼っていた犬にカメラを持たせて写真を写させて写真集を作ったりもされているようだ。
http://modernism.jugem.jp/?day=20100404

今日はJOBOのタンク用のポンプを考案してみた。
専用のは結構するのと最近品切れを起こしているので苦肉の策。

このポンプで2回程度ポンピングすると開栓する。
文字通りポンッ!と言う感じ。

本家のポンプより面白い。
モグラ叩きのようについつい練習に熱中してしまう。

JOBO開栓ポンプを作る

ポンプはボールを膨らませるモノ570円。
ゴムの足120円。
合計690円でJOBOのポンプが完成した。

しかもボールや浮き輪を膨らませる事が可能だ!
Powered by
30days Album