ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.06.08 Saturday

8X10マイプラチナプリント

JUGEMテーマ:日記・一般
8X10密着焼き

8X10を自分でプリント出来ると面白いと気が付いたのは2009年だった。
それもプラチナプリントから。

2012.08.03 Friday

Platinum Palladium Prints 8x10 Arches Platine Paper

JUGEMテーマ:日記・一般

2009-8 Dojunkai Minowa Apartment

2009-8 Dojunkai Minowa Apartment

Platinum Palladium Prints 8x10 Arches Platine Paper

2012.05.15 Tuesday

8X10現像 夜明けが来たようだ

JUGEMテーマ:日記・一般
2009-06

皿現像、ハンガー現像、そしてJOBOタンクと現像する仕組みの変遷が。
しかし撹拌するのが手動では片手落ちの状況だ。

折角露出の合った撮影をしても現像のシステム化が出来ていないと良いネガは出来ない。
元々JOBOタンクは連続攪拌で少量の薬品で現像するシステムなのだ。

タンクを連続で回すにはCPPとかCPP2と言う専用の器具を使う。
元々数が無いのと高いので中々現物を見ることは無い。

ただ、回転させるだけなら回る器具があると聞いた。
早速探して買ってみた。

しばらくして届いた器具を見たらどおって言うことのない黒い箱。
電気を入れるとゴム製の車が回っている。

タンクを乗せてみるとクルクル回るでは無いか。
JOBOタンクは薬品の入れ方で薬品が吹きこぼれる事があり、そのことを書いたら再びアドバイスが。

クルマのエンジンにオイルを入れるジョッキーが良いとの事。
早速試したらすこぶる調子が良い。

結果として膨大な量の現像が毎日できる環境に。
早朝と夜とで20枚の現像が出来るようになる。

薬品はこの段階でロジナールに。
希釈率が高いので液温管理が楽になる。

8x10のフィルム現像に関して夜明けが来たようだ。

2011.11.17 Thursday

8X10vs11X14

8X10vs11X14

日常使っている8X10と11X14のホルダー。
比較の為に並べて見たら大人と子供位大きさの違いがある。

重量も全然違うので運搬方法も考えないと。
それが確立出来たら撮影方法もがらっと変わる。

早く考えないと。
2011.01.11 Tuesday

Platinum Palladium Print

JUGEMテーマ:写真
11×14 夕暮れの上野駅

1月5日夕刻、偶然通りかかった上野駅の陸橋から線路を臨む。
早速クルマをパーキングメーターに止め、撮影ポイントに急ぐ。

早くしないと太陽が没してしまう状況だ。
日没の瞬間ストンと光線量が落ちる。

そこで素早くカメラを組み立てながら露出を計る。
計測ポイントを上と下と真ん中を計り瞬時に計算する。

太陽が姿を消す瞬間が勝負。
瞬時に光線量が落ちる。

線路のディテールと列車を上手く収める事が出来た。
デジタルだと潰れてしまう箇所がネガには情報がありプラチナパラジウムプリントの成果や如何に。

太陽光の日輪が見える。
暗い中にも目を凝らして見ると色々な物が浮かんでくる。

8×10も最近はファイバーボディのテイラーホブソンを使っている。
これからあちこちに出没すると思います。
2011.01.10 Monday

Platinum Palladium Print

JUGEMテーマ:写真
11×14 横浜外人墓地越しに富士山を臨む

限られた時間ながら集中してプリントが出来たと思う。
途中集中力が途切れる瞬間があり失敗もあった。

適度な休憩が必要なのは解っているのだが何せ時間が無かった。
麻布十番のプロラボ田村写真の田村政実さんにお願いして1日使わせてもらう。

今回も同じ薬品の調合を心がけた、前回からNa2を添加する事にし8×10も11×14も同じ調合。
黙々と薬品を調合し用紙に塗布する。

暫く自然乾燥状態にしてから水分を抜いて行く。
水分が残ると悪影響がある。

ここ1年半ワークショップにほぼ毎回通い手順を段々覚えて行く。
将来的には完全自家処理で仕上げたい。

2010.12.25 Saturday

「プラチナde写真展」開催中

JUGEMテーマ:アート・デザイン
プラチナパラジウムプリント展示中

参加者22人の「プラチナde写真展」横浜エリスマン邸にて開催中。
これだけの規模のプラチナプリント展は初めての試みだと思います。

私も11×14カメラで写したフィルムをネガにし、プラチナパラジウムプリントを3枚出しています。
非常に手間の掛かる工程ですが豊かな中間のトーンが見事です。

フィルムにはこれだけのデータが写されています。
普通の銀塩では出せない豊かなトーンが持ち味では無いでしょうか。

会場にはとても素晴らしい作品が数々出ています。
27日までの短い会期ですのでみなさんお出で下さい。
2010.12.23 Thursday

プラチナde写真展

JUGEMテーマ:アート・デザイン
写真展案内

12月23日(木)〜27日(月)まで横浜エリスマン邸にて開催される写真展に参加します。
今年の写真展はこれが打ち止めで来年は次の展開をしますのでお楽しみに。

初日の23日は搬入の準備のため12時から開場します。
※パーティは行わない事になりました。

会場への近道があります。

みなとみらい線(渋谷から東横線が乗り入れています)
終点の元町中華街下車
ホームの進行方向先頭からエスカレーター又はエレベーターで改札へ。

右手の方向6番出口。
アメリカ山公園、外国人墓地方面へ。

ここもエレベーターで上へ。

外に出ましたらそのまま公園をまっすぐ進み、外国人墓地の脇抜けるとすぐにエリスマン邸に
到着致します。

館内にスリッパに履き替え入っても良いですが。
建物を右から回り込む様に階段を下りるとすぐにギャラリーです。

外からでもスリッパが用意されていますのでどちらからでもどうぞ。

写真展

今回も全部新作で当初の予定の8×10ではなく更に大きな11×14のハンディカメラで
3枚の作品をプラチナパラジウムプリントしました。

来年は8×10も使いますが11×14での作品作りを主軸にしようと思います。
全てハンディタイプのカメラです。

フィルムも大きくてホルダーも重いので今まで以上に体力の増強をしないと。




2010.12.13 Monday

Platinum Palladium Print

JUGEMテーマ:アート・デザイン

Platinum Palladium Print用薬品

麻布十番にあるプロラボ「田村写真さん」にてPlatinum Palladium Printのワークショップ。
昨年からほぼ毎月参加している。

調合した薬品を専用の紙に専用の刷毛で塗布する。
これが毎回楽しいのです。

塗布中

この専用の刷毛って?????ビックリする位の価格です。
もちろん高い方です。

このワークショップがあるお陰でハードルの高かったPlatinum Palladium Printが
手の届く位置にまで来た。

今回は全て11×14の新作をプリントしてみた。
会心の作品が出来た。

額装して横浜エリスマン邸で開催されるプラチナde写真展に出します。

この「プラチナ de 写真展」は出展される写真すべてがプラチナプリントで制作され、
新作の写真展としてはなかなか類を見ない迫力のある展示になります。

全てプラチナプリントの写真展は恐らく本邦初だと思います。

是非一度足をお運びいただき、この機会にプラチナプリントの魅力に触れてみてください。

■日時
2010.12.23(木)〜27(月)
OPEN 10:00〜16:30
※初日は12:00から/最終日は14:00まで
■会場
横浜エリスマン邸
横浜市中区本町1-77-4
045-211-1101



2010.12.12 Sunday

プラチナde写真展

JUGEMテーマ:アート・デザイン
写真展案内

2010年12月23日(木)〜27日(月)まで横浜のエリスマン邸地下展示室にて
「プラチナde写真展」を開催します。

私は11×14ハンディカメラによる撮り下ろしの新作を数点出します。
当初横浜の山手地区を8×10ハンディで撮っていましたが、これはこれで別の機会に
作品とします。

沢山のプラチナプリントが見られる(全員プラチナパラジウム&プラチナプリント)絶好の機会。
私のように大判の等倍ネガもいればデジタルネガから焼く方も。

色々な手法によるプラチナパラジウム&プラチナプリントが見られます。
何よりも参加する者が一番興味深く仲間の写真を見るのだと思います。

写真展

幾度か撮影に行きましたら会場への近道を見つけました。
元町中華街駅からエレベーターでアメリカ山公園に登れます。

緩い坂道を歩くと左手に旧横浜気象台、右手に外人墓地、そのまま真っ直ぐ行くと
エリスマン邸が右手に見えます。

このルートだと高低差が少なく足元も歩きやすいのでお勧めです。
Powered by
30days Album