ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.06.26 Friday

額装を考える

JUGEMテーマ:写真

写真の展示はいつも引き算で考える。

今回の額装はキャンバスで裏から押さえるのが主体なので、キャンバスと目枠の隙間に

 

釘の頭が収まれば水平が出る。

だから事前に仮組時に釘の入る位置にドリルで穴を開けておけば良いと言う事。

 

搬入時に組み立てて釘を打っておけば大丈夫。

 

2020.06.25 Thursday

額装を考える

JUGEMテーマ:写真

写真の額装はフレームにマットに挟んだ作品を入れるのが大半だ。

サイアノやプラチナの場合は刷毛目を出すためにマットを使うのが

 

難しくじゃあ刷毛目を大胆に出した方が良いんじゃ無いかと、今回

写真用の額はバライタ印画紙のみにしようと思う。

 

問題は写真用の額よりも遥かに軽い額を如何にワイヤー展示するかと言う

至難の業。難しければ難しい程考えるのが面白い。

 

と、現在長考中だが材料は既に揃っていて、仮組するだけとなっている。

7月21日からの展示をお待ちください。

2020.06.24 Wednesday

額装を考える

JUGEMテーマ:写真

油彩画用の仮枠を使い写真をキャンバスで押さえます。

この枠にアクリルは付いていないのでmm単位で切ってもらいます。

 

マットも切らないのでその分の費用は浮きます。

今年は実験の年でもあります。

 

 

2020.06.23 Tuesday

額装を考える

JUGEMテーマ:写真

額装に標準はありません。

作品の方向性と同じで自由で良いのです。

 

決まった方法というのもありません。

ですから考案することも良い事です。

 

創造の産物である作品ですから。

写真が独創的なのに作品が没個性的な事が多々あるからです。

 

今回はちょっと工夫して展示してみようと思います。

 

There is no standard for framing.
It is the same as the direction of the work, it is free and good.
 
There is no fixed method.
So it's good to devise.
 
Because it is a product of creation.
Because the photographs are original, the works are often unique.
 
This time, I will try to display it with some thought.

2020.06.22 Monday

額装を考える

JUGEMテーマ:写真

今回は額装を考えてみた。

写真の展示はプリントにマットを被せて写真のフレームに入れます。

 

となると大きく重くなります。

安全上の観点から展示にはガラスは入れません。

 

アクリルは反射するからもありますし傷が付くので入れない事が多いです。

でも、ちょっと待って下さい。

 

作品なのですから剥き出しは良く無いと思います。

ある展示の時にアクリルがあると見難いとクレームがありました。

 

そこで自分の作品のアクリルを外しました。

数日後クレームを付けた方が来たので行動を見ていたら作品を素手でベタベタしていました。

 

それ以来出来るだけアクリルを被せる展示方法に変える事にしました。

自分の作品を見て頂く機会が時々ありますが、写真の取り扱いが不慣れな自称プロ画商の方

 

に同じ事をされその場で叱り飛ばした事が数回あります。

アクリルに付いた小さな傷なら修復する薬品がありますが、作品を修復する事は出来ません。

 

ですから今回からアクリルを被せる展示方法に変えます。

 

This time I thought about framed clothes.
In the photo exhibition, the print is covered with a mat and placed in the frame of the photo.
 
It will be bigger and heavier.
No glass is allowed in the exhibit for safety reasons.
 
Acrylics are also reflected because they are scratched, so I often cannot put them in.
But wait a minute.
 
Since it is a work, I think that it is not good to expose it.
There was a complaint that it was hard to see if there was acrylic at a certain exhibition.
 
So I removed the acrylic from my work.
A few days later, someone came with a complaint, so when I was watching the action, I was sticky with my bare hands.
 
Since then, I decided to change the display method to cover acrylic as much as possible.
Sometimes I have the opportunity to see my work, but I am a self-proclaimed professional picture dealer who is unfamiliar with handling photos
 
I have been scolded on the spot by doing the same thing several times.
There is a chemical that can repair small scratches on acrylic, but it cannot repair the work.
 
Therefore, from this time on, we will change to an exhibition method that covers acrylic.

2014.04.21 Monday

額装を学ぶ

額の紐

額装の「金丸真」さんにて額装を学ぶ。

フィニッシュは額の紐を結ぶ事だ。

これが意外に難しかったがこれをやる事で、一連の作業が終わる閉めだ。

朝9時半からの2時間講座だが気が付いたら12時になっていた。

自分でプリントしたサイアノを収めてマットも自分で切り、ブックマットまで仕上げて

見たら作品を作っているんだと言う実感が込み上げて来る。

今年はこの路線も面白いかも知れない。


2013.10.12 Saturday

写真を飾る方法

JUGEMテーマ:日記・一般


写真を飾る方法

今回の展示では各自様々な方法で展示している。
画一的な方法では無いので面喰らう方がいらっしゃるかも知れない。

私の方法は11X14ハンディカメラを作った時に使ったペーパーファイバーをF6用に裁断
してもらい四隅を補強し上端2cmのセンターに穴を開けハト目で補強してもらう。

12枚セットで作ったので調子を来いて専用の箱まで作る始末。
1枚の作品に表裏4個づつのネオジウム磁石で固定。

時間の経過と共に壁面内部の鉄部に反応し傾いて来るのでピンでずれを防止。
何とも奇妙だが当初の目的は果たせた。

やってみたかった事だから。
こんな飾り方があっても良いだろう。
2011.08.26 Friday

額装中

JUGEMテーマ:日記・一般
額装準備中

9月の写真展のための準備中。
今日はマットに作品を固定した。

前回からブックマットはやめた。
数が多いとコストがかさんでしまうので。

印画紙はイルフォードのArt 300と言うアメリカで発売されて間もない紙。
国内では未発売なので個人輸入しました。

質の良い印画紙なので今後主流になるかも知れない。
素材は紙では無く綿紙。

水彩画の紙がベースのようだ。
この時代に新しい紙を発売したイルフォードの意気込みが気に行った。

江戸っ子の意気に感じる所が大だ。
2010.03.25 Thursday

nielsen

JUGEMテーマ:アート・デザイン

nielsen


nielsen

しばらく前から額装にはnielsenのフレームを使うようになった。
2BWSのグループ展の標準がnielsenだからかも知れない。

でもグループ展の時にはアルミに貼りつけるフレームマンの展示だった。
nislsenを使いだしたのは六本木で写真展を行う時に、折角なら買おうと思い

16×20インチのフレームを12枚買った。
その後も買い足し買い足しで20枚を超える在庫になる。

写真の方向が縦でも横でもフレームは縦位置に使う。
そうすると統一感が取れているような気がする。

額装の時に指が入りやすい117型が便利だ。
指が入り難いタイプは額装がやり辛い。

2009.10.24 Saturday

nielsen

JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:写真
nielsen

写真の最終仕上げは額装。
マットにはさんだ作品をnielsenのフレームに収める。

表にした時の対面は感動的ですらある。
毎回の写真展の準備の醍醐味。

Powered by
30days Album