ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.03.24 Friday

INSTANT LOVE

JUGEMテーマ:写真

会期と時間にご注意ください。

 

2017.03.23 Thursday

INSTANT LOVE

JUGEMテーマ:写真

 

 

表記の写真展に飛び入り参加しています。

木曜日18:00から22:30

金曜日18:00から22:30

土曜日15:00から22:30

日曜日12:00から18:00

 

会場はこちらです。

開催日と時間をお間違えの無いようにお願いします。

 

2017.03.22 Wednesday

深川「力」飯

JUGEMテーマ:グルメ

ここではやっぱり赤星な訳なんです。

向かいの宮澤商店のクラフトビールを飲んでからココです。

 

今週は行けますかどうか?

市場が休みなので生ものは期待出来ないけど行きます。

 

2017.03.21 Tuesday

深川「力」飯

JUGEMテーマ:グルメ

深川に来てこれを食べないなんてあり得ない。

と言う位の酢の物。

 

僕らはこれがスタンダード。

若芽や胡瓜だけの何か出されたら暴れてしまう。

 

これを見た彼の御人は「飯!」と叫んだ位の一品。

ただし市場が休みの時には材料が無く出来ない時も時にはある。

 

 

2017.03.20 Monday

深川「力」飯

JUGEMテーマ:グルメ

いつもの千松の不思議なメニュー「生野菜」

大量のレタスの上に焼き豚、クラゲ、茹で野菜、トマト、たっぷりのマヨネーズ。

 

メニューの脇に書いてある別のメニューの「焼き豚」「クラゲ」よりもこちらが

お勧め。これを頼まない事には始まらないのであった。

 

2017.03.19 Sunday

2017ノルウェーカップヨットレースの練習開始

JUGEMテーマ:スポーツ

4月に行われるノルウェーカップヨットレースの練習航海が昨日から始まった。

微風を受けるかためのジェネカーと呼ばれる軽い大きな帆を使い少しでも速度を稼ぐ。

 

取り付け位置とロープの引き出し具合で風の受けを調節する。

当初1.5mの微風の中での開始だったが途中から少し上がり最大で7ノット近い速度を

 

稼ぐ事が出来た。

先月の上架船底塗装の効果は多分にある。

 

ヒールした時に速度を上げるためには、なるべく船を水平に保つバラストウエイト役で

非力ながら協力。

 

2017.03.18 Saturday

桟橋への渡り橋

JUGEMテーマ:スポーツ

桟橋は潮の満干で上下に動く、そこで可動式の渡り橋がある。

これがあるお陰で飛び移る事無くスムーズに桟橋へ行ける。

 

大潮の日等驚くべき差があって驚く。

自然はやはり凄いや。

 

2017.03.17 Friday

船上のテンダー

JUGEMテーマ:スポーツ

プリンセス・ベイ3には最近妹分のテンダーが来た。

この段階では未だ名前が無かったが最近付いた。

 

 

2017.03.16 Thursday

春間近の海

JUGEMテーマ:スポーツ

桟橋に茂る海藻を見ていると春はもうすぐ。

この海藻が倍の長さになると4月、更に倍になると5月です。

 

そうすると小魚の隠れ家になるので色々な魚が群れます。

それを見ているのも自然の水族館で好きです。

 

2017.03.15 Wednesday

小さなヨット

JUGEMテーマ:スポーツ

ヨットの入門に小さなヨットがある。

小学生クラスからあり一日見ていても飽きない。

 

近隣から自分たちで来る連中は台風が来ようと楽しそうに操船して出て行くが

両親に連れられた子たちは青い顔で今日はイヤ!と言う子が多い。

 

親としては子供に精いっぱい楽しんで欲しいのだろうが、自我が芽生えつつある子供に

無理強いは禁物だ。本人達が興味を持つまで(かなり時間が掛るだろう)待たなくては。

 

こんな波の高い日にと思ってある時来たらコーチの船が引き揚げるような時にも平気な

顔で子供達は出て行く。

 

こう言う子供達を見ていると面白いと言うか本当に海が好きなんだなと思う。

自分も小学生の時に叔父に手解きと言うか無理やり合宿のような1週間を思う。

 

叔父は大学の時にヨット部とグライダー部に入っていた。

陸上も万能で若大将の時代よりも遥か昔だ。

 

車も好きでしょっちゅう友達と車を交換して乗っていた。

あの時代のはそんな人が実在していたのだ、YMCAでは宝田明と時々顔を合わせていて

 

同じアキラだったので仲が良かったようようだ。

今生きていれば80歳を越していただろう。

 

今でも時々夢に出て来る叔父はあの時のまま、現実に若大将よりも格好良いのだ。

こっちの方が今や年上だ。

Powered by
30days Album