ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.09.25 Friday

JOBOカラー印画紙現像タンクで11x14フィルムを現像

JUGEMテーマ:写真

JOBOのカラー印画紙現像タンクで11X14フィルムの現像を行う。

元々11X14フィルムの現像タンクは存在しない。

 

このサイズのフィルムは皆さん皿現像だ。皿現像は全暗の中での孤独な作業で辛く寂しい。

JOBOのカラー印画紙現像タンクの中には紙が動かないように仕切りが付いているが

 

フィルムには傷が付くと言うデメリットがある。

そこで知恵を働かせて樹脂ファイルの板をホームセンターで買ってきて仕切りを覆う

 

形状に変えればフィルムに傷が付く事も無く現像が出来る。

このタンクもう1工夫すると8X10フィルムも同時に2枚現像が出来ます。

 

これを使えば装填だけ暗室で後の作業は明るい部屋で作業が出来る。

 

 

 

2020.09.24 Thursday

11X14フィルム現像のリハビリ

JUGEMテーマ:写真

実際にはリハビリになった朝の練習。

昨日は06:40に暗室に。

 

タンクの組み立てでしばらく時間が掛かる。

今回はカメラの遮光テストがメインなので写っていてはダメなのだ。

 

わざわざカメラレンズの裏蓋をしておいた。

長時間露光で被りがないかどうかのテストだ。

 

30分のシャッター開放でも光線漏れは無かった。

これで次回から撮影に入れる。

 

 

2020.09.23 Wednesday

社内の撮影ポイントで11x14を使う。

JUGEMテーマ:写真

内面反射防止と遮光作業が完了した11X14で社内の撮影ポイントを写してみる。

撮影は多分こんな感じにモノクロで写るはず。

現像が楽しみだ。

 

この建物は自分のアイディアを建築設計士が具現化した物で普通では有り得ない形をした

所が随所にあり面白いです。

2020.09.22 Tuesday

Angulon 210の11x14ハンディカメラを内面遮光反射防止加工する。

JUGEMテーマ:写真

こう言う作業は一気加勢で行った方がキリが良い。

そこで11X14と言う大きさのハンディもこの際やった方が良いと言う結論。

 

暫く出番が無かったサイズだがフィルムもある事なので仕上がれば撮影も進む。

材料の準備さえ整えばと言う事で即手配。

 

アクリル絵具はあるのでモルトプレーンさえあれば出来る。

先にパーマーセルを剥がしてアクリル絵具を塗っておけばモルトプレーンが届くまでに

 

絵具も乾いて作業時間も短く済みそうだ。

問題はモルトプレーンの量。1枚では足ら無いので2枚は使う。

2枚頼んで正解だった。

 

後は足を付けようと頭を悩ましている。

2020.09.21 Monday

Protar V 141mmの焦点可変式の内面遮光反射処理が完成

JUGEMテーマ:写真

カメラ内部の遮光反射防止処理が完成した。

金属部分の補強とレンズ脱着部分も補強。

 

内部の塗装は前面に、パーマーセルは経年劣化で外れていたので

モルトプレーンに交換。

 

これで10年は大丈夫。

レンズボードは6月に長岡さんにお願いしてセンター位置に。

 

ストラップは少し細くなったが自作に交換した。

 

2020.09.20 Sunday

変なレンズにシャッターを付けて見たら8X10のイメージサークル

JUGEMテーマ:写真

焦点距離も何も分からないレンズが突然何処からか出てきたのでシャッターにねじ込んで

見たら1番にピッタリ。

 

じゃあ8X10カメラに付けて見たら200mmでイメージサークルは8X10で使える。

全くの無記名無表記だ。

 

初期のシングルコートなので1950年頃の物だろう。

 

2020.09.19 Saturday

Protar V 141mmの焦点可変式も内面反射防止処理

JUGEMテーマ:写真

Protar V 141mmの焦点可変式も内面反射防止処理を行う。

このレンズは表記が6.5x8.5インチなのだが開放でも8X10に来る。

 

このエルメスカラーのボディはペーパーファイバー製で昔の本屋さんの配達用の自転車に

付いていた箱と同じ形態の金具で作られている。

 

素材はこちらは紙なので丈夫ではありません。

 

2020.09.18 Friday

Japanese traditional design

JUGEMテーマ:写真

日本の伝統的な意匠である紋様。

唐草の美しさは今も飽きない事だろう。

 

魅入られるカメラがあっても良いのではと、こんなのも作っています。

内部の遮光と内面反射が解決されたのでこっちも間も無くデビューか?

2020.09.17 Thursday

内面反射防止にはターナー アクリルガッシュ

JUGEMテーマ:写真

内面反射に効果があるターナー アクリルガッシュを木製カメラの内部を

塗る事に。その前にパーマーセルを全部剥がすと拳骨2つ分位の量に。

 

アクリル絵具が乾くと良い状態の艶消しに。手で触ると光って来てしまうが

カメラ内部なので問題無い。

 

乾燥したらモルトプレーンと言う遮光布で要所を塞ぐ。

木製の大型カメラだから出来る作業だ。

2020.09.16 Wednesday

HANDY 8X10をNIKKOR SW 120で

JUGEMテーマ:写真

元々が画材を入れるホルベインのカバンなのでレンズの焦点距離を稼ぐために前を出し

後のフィルムホルダーの部分も少し出して帳尻合わせ。

 

それなりの美しさ。

レンズは外して中に入るかどうかテストしている。

 

そのままでは運び辛いので適当な鞄に入れれば大丈夫。

今は作っていないグレゴリーの鞄に丁度入りカットホルダーも数枚入る。

この鞄一つあればいつでも何処でも撮影が可能に。

 

ハンディ8X10はこの鞄があったから発展しているようなもの。

もう10年は一緒です。

Powered by
30days Album