ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.07.22 Sunday

2018 東京8X10組合連合会 写真展

JUGEMテーマ:写真

今年も東京8X10組合連合会の写真展会期が近づいて来た。
今年は8月20日から26日まで、江東区東陽にある江東区文化センター通路で。

 

同時期に日本針穴写真協会の写真展が同じ文化センターの展示室で。
お互いに旧知の方も多いので会期中は面白い事が起きそう。

 

私は現在記録用の図録に収める作品のプリントに追われている。
暫くはその写真プリントに掛りっきり。

 

新作もあるが今までサイアノで焼いていた作品を銀塩印画紙に焼き直している。
今まで11X14インチが多かったが去年から稼働しているダークルーム207を活用し

 

印画紙のサイズも1周り大きな14X17インチを楽にプリントできるシステムも考えて
週1回から2回朝から晩まで焼いている。

 

暫くその写真を掲載します。

2018.07.21 Saturday

2018 東京8X10組合連合会 写真展

JUGEMテーマ:写真

今年も東京8X10組合連合会の写真展会期が近づいて来た。
今年は8月20日から26日まで、江東区東陽にある江東区文化センター通路で。

 

同時期に日本針穴写真協会の写真展が同じ文化センターの展示室で。
お互いに旧知の方も多いので会期中は面白い事が起きそう。

 

私は現在記録用の図録に収める作品のプリントに追われている。
暫くはその写真プリントに掛りっきり。

 

新作もあるが今までサイアノで焼いていた作品を銀塩印画紙に焼き直している。
今まで11X14インチが多かったが去年から稼働しているダークルーム207を活用し

 

印画紙のサイズも1周り大きな14X17インチを楽にプリントできるシステムも考えて
週1回から2回朝から晩まで焼いている。

 

この写真は8X10ピンホールです。

 

2018.07.20 Friday

2018 東京8X10組合連合会 写真展

JUGEMテーマ:写真

今年も東京8X10組合連合会の写真展会期が近づいて来た。
今年は8月20日から26日まで、江東区東陽にある江東区文化センター通路で。

 

同時期に日本針穴写真協会の写真展が同じ文化センターの展示室で。
お互いに旧知の方も多いので会期中は面白い事が起きそう。

 

私は現在記録用の図録に収める作品のプリントに追われている。
暫くはその写真プリントに掛りっきり。

 

新作もあるが今までサイアノで焼いていた作品を銀塩印画紙に焼き直している。
今まで11X14インチが多かったが去年から稼働しているダークルーム207を活用し

 

印画紙のサイズも1周り大きな14X17インチを楽にプリントできるシステムも考えて
週1回から2回朝から晩まで焼いている。

 

暫くその写真を掲載します。

2018.07.19 Thursday

2018 東京8X10組合連合会 写真展

JUGEMテーマ:写真

今年も東京8X10組合連合会の写真展会期が近づいて来た。
今年は8月20日から26日まで、江東区東陽にある江東区文化センター通路で。

 

同時期に日本針穴写真協会の写真展が同じ文化センターの展示室で。
お互いに旧知の方も多いので会期中は面白い事が起きそう。

 

私は現在記録用の図録に収める作品のプリントに追われている。
暫くはその写真プリントに掛りっきり。

 

新作もあるが今までサイアノで焼いていた作品を銀塩印画紙に焼き直している。
今まで11X14インチが多かったが去年から稼働しているダークルーム207を活用し

 

印画紙のサイズも1周り大きな14X17インチを楽にプリントできるシステムも考えて
週1回から2回朝から晩まで焼いている。

 

暫くその写真を掲載します。

2018.07.18 Wednesday

2018 東京8X10組合連合会 写真展

 

今年も東京8X10組合連合会の写真展会期が近づいて来た。
今年は8月20日から26日まで、江東区東陽にある江東区文化センター通路で。

 

同時期に日本針穴写真協会の写真展が同じ文化センターの展示室で。
お互いに旧知の方も多いので会期中は面白い事が起きそう。

 

私は現在記録用の図録に収める作品のプリントに追われている。
暫くはその写真プリントに掛りっきり。

 

新作もあるが今までサイアノで焼いていた作品を銀塩印画紙に焼き直している。
今まで11X14インチが多かったが去年から稼働しているダークルーム207を活用し

 

印画紙のサイズも1周り大きな14X17インチを楽にプリントできるシステムも考えて
週1回から2回朝から晩まで焼いている。

 

暫くその写真を掲載します。

2018.07.17 Tuesday

個人輸入のリスク

JUGEMテーマ:日記・一般

アングロンの210mmと言うレンズが11X14サイズのイメージサークルをカバーする。

電子湾にインドのムンバイから出しているのを見つけた。

 

届いた荷物を見て嫌な予感。

精密機器がこの梱包流石ムンバイだ。

降るとコロコロカラカラ音がする。

 

開封すると白濁したレンズが出て来た。

分解してみると更に悲惨な状態。

 

中球が剥離している。

バルサムが上下とも剥離している状態。

悩んでいても仕方ないので出荷主に文句をメール。

 

と同時に修理できないか北新宿の山光学に持って行く。

山崎さん曰く「直らない事も無いかも」と預ける事に。

 

ここまで直るとは。

絞りは長谷川工作所にて直してもらう。

完成したバレルレンズ。

 

これで写した作品をプラチナプリントで仕上げてみました。

日本の職人さんは凄いと実感。

 

 

2018.07.16 Monday

8X10カメラだって試作

JUGEMテーマ:写真

適当な大きさの箱があれば8X10カメラの試作も。

段ボールは遮光性が良いので角さえ気を付ければそのまま使える。

 

この状態で裏にスリガラスを入れればカメラオブスキュラになる。

このタイプは製造に至らなかった。

 

カメラの本体の素材で良い物を思いついたので違う方向に。

ペーパーファイバーと言う素材はご存じでしょうか?

この時は先に11X14で作ろうと言う事に。

 

試作で製版用のレンズにソルントンシャッター。

ただしこのタイプはイメージサークルが足らず、レンズを違う物に。

 

いつも試行錯誤の連続です。

2018.07.15 Sunday

ハンディ4X5カメラの試作


試作でカメラを作る時にいきなり本番では中々上手く行かないと言う事が判り、

遮光性の高い段ボールとパーマーセルの組み合わせで試作機を作る。

 

フィルムが上手く納まる枠を長岡さんに作って貰い、感度3200のフォトラマを使う。

遮光性の確認と使いやすさを考えて段ボールはカメラらしい形に自由にサイズを切る。

 

レンズはワイドアングルコンゴー90mm。

4X5の1号機の完成度が高く、これに見合う木箱が探せなかった。

 

結局ホルベインの絵の具の箱に行きあたるが随分大きくなる。

その後ハンディの4X5はスーパーアンギュロン65mmで数台作る事に。

 

同時進行で8X10に移行した関係で開発は途中で頓挫。

5X7の方も2台作ったが満足行くのは中々。

 

5X7の方は引き伸ばし機の問題もあり、それさえ解決出来ればと言う段階。

物作りは難しい。

 

JUGEMテーマ:写真

2018.07.14 Saturday

ハンディ4X5をフォトラマに

JUGEMテーマ:写真

ハンディ4X5を最後の4X5フォトラマフィルムの入荷お知らせがあったので1ケース

注文してみた。

 

証明写真で使われていた感度3200なので何処でも写せる。

ホルダーが数個あったので長岡さんに持ち込んで裏の押えを交換して貰った。

 

機動力はあるのだがフィルムとは勝手が違い余り枚数が伸びない。

結局別物扱いになり間もなく通常に戻す事になる。

 

機材はいつも試行錯誤だ。

同じ機材でバックが違うならば方法はあったかも知れないと、今は思う。

 

2018.07.13 Friday

ハンディ8X10カメラの使い方

JUGEMテーマ:写真

カメラの内部はいたってシンプル。

ただ写真を写すためのみの機能でしか考えられていない。

 

シャッターのチャージ前はレンズが見えない上の写真はチャージ1段階。

もう1段回すと下記のように。

 

フォーカルプレーンシャッターの原型のようなソルントンシャッター。

B、1/15、1/30、1/45、1/60、1/90までのシャッターと、レンズ側の絞りは

 

f18、f22、f32、f45、f64とシンプルな組み合わせ。

絞り込んで適当なシャッターとの組み合わせで写すのみ。

 

質感と解像度は凄いです。

今年の写真展はフィールドタイプとこれで写した作品の複合で先日プリントしたら

 

ビックラ!

Powered by
30days Album