ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.04.18 Thursday

幻の暗室用品

JUGEMテーマ:写真

DARKROOM 207に持ち込んだナイコール製の8X10フィルム現像バット。

フィルムの乳剤面を上にして縁を押すとシーソーのような動きで現像攪拌が出来る。

 

但し、フィルム現像は全暗が条件なのでタイマーは発光しない物が必要。

停止液と定着液は普通のバットで可能。

 

JOBOのロータリータンクとは発想が全く異なり、少ない枚数の時には時々使っている。

10枚以上の時にはJOBOのタンクを使います。

 

 

 

2019.04.17 Wednesday

上空6,000m

JUGEMテーマ:スポーツ

IMG_1589.JPG

この辺りを飛んでいる飛行機は大体6,000m位の高度

を飛んでいる。時折低く飛んでいるのは自衛隊や米軍の

 

対潜哨戒機であることが多い。

自衛隊の大型ヘリの編隊飛行も4機とかかなり迫力がある。

 

 

2019.04.16 Tuesday

役所仕事

JUGEMテーマ:ニュース

期日前投票に行く。

毎回投票済証を貰うが、今回のは日にち以外の記載が無く、全国何処でも通用するのか?

 

選挙管理委員会の記載も判も無い。

投票所の記載も無い。

 

役所仕事の典型。

 

2019.04.15 Monday

マスト1本にセイル3枚

JUGEMテーマ:スポーツ

IMG_1803.JPG

微風を効果的に捉えるためにはセイルの有効活用。

ジブセイルを出したままジェネカーを上げることを

 

初めて経験した。

ただし、このままだとジブセイルが畳めない。

 

 

2019.04.14 Sunday

ハートプチプチ

JUGEMテーマ:写真

SDIM0032.jpg

数あるプチプチの中で衝撃的なのはハートプチプチ。

見つけたときは思わず値段も見ないで買っていました。

 

 

2019.04.13 Saturday

写真展は記録にもなる

JUGEMテーマ:写真

SDIM0017.jpg

震災前に開いた個展。

今は亡き友の姿がそこにはあった。

 

 

2019.04.12 Friday

たまには35mm

JUGEMテーマ:写真

およそ10年位前に友人が指揮するオーケストラの練習風景を、35mmフィルムカメラで

撮影できる機会に恵まれた。

 

Kodak-TX 400を増感現像し(勿論自分で)プリントした物をスキャニングした。

 

2019.04.11 Thursday

シャッターの載せ替え

JUGEMテーマ:写真

50年前に製造を終えたソルントンシャッター。

King銘やPilot銘でほとんど同じものが出ていたが作っていたのは長岡さん。

 

数年前に大きなのを復刻しようと計画し限定で口径16センチの物を作った。

旧来の部品で使えるものは使う事と、シンクロは付けて欲しいとお願いしたが

 

シンクロのソケット部品が何処にも無い。

旧い用品の中から何とか探して来た。

 

もっと困ったのがスプリング。

灯台下暗しで近くの発条屋さんにありました。

 

ハンディ8X10の2号機最大の弱点だったシンクロはシャッターの載せ替えで

対応した。自分のコレクションしてい中から適当な大きさのKing銘の物を出す。

 

 

2019.04.10 Wednesday

写真展は創作でもある

JUGEMテーマ:写真

SDIM0131.jpg

実物のVIVITARはオールプラスチック製の35mmフルサイズカメラ。

絞りもシャッター速度も固定されレンズは22mm。

 

ネガカラーフィルムのラチュードに助けられて何とか結像すると言う野蛮なカメラだ。

適正露出だと鋭い映像になる。

 

これで写した作品はとてもシュールになる。

電池も使わないので大判のカメラと同じような物。

 

ネガをFLEXTIGHTで読むと幾らでも大きく伸ばせる感じだ。

 

2019.04.09 Tuesday

写真展は創作でもある

JUGEMテーマ:写真

SDIM0171.jpg

B0ノビのインクジェットプリンターでプリントする事は

2019年では当たり前だが、この個展は2008年に行った。

 

季節は今と同じ4月頭。

VIVITARと言う35mmのカメラで撮ったカラーネガを

 

FREXTIGHTと言う超高精細なスキャナーで読み込んだ

作品で粒子が立ちます。

 

それと密着焼の8X10モノクロバライタプリントと言う極端な

構成で組み立てた。

 

 

Powered by
30days Album